日商簿記1級取得や小論文試験突破は独学に効く通信講座で近づく

夢を叶える為にサポートしてくれる場所がここにある

異なる資格だからこそ

独学で日商簿記1級の合格を目指すといっても、日商簿記1級は、2級までとは全く違うものとなります。それまでの勉強のやり方では、合格も難しいことになってしまいます。それだけ、問題が高度となり難易度が一気に上がってしまうからです。 日商簿記1級の勉強をするのであれば、できれば経理の専門学校などに通うことが望ましいのです。 しかし、だからといって独学では合格することはできないというわけではなく、日商簿記1級のための最適な勉強法を始めれば合格も可能といえるのです。 日商簿記1級に合格すれば、公認会計士や税理士といった国家資格の受験資格が与えられるほか、職業指導員になるための試験の一部が免除されるなどの特典が与えられます。 それだけの特典があるということは、それだけ難しい試験であるということでもあります。

日商簿記1級は、2級までとは全く違うものです。難しいとわかっているうえで、それでも独学でがんばって行こうと決めた場合は、合格するためにどのような勉強が効果的か把握することが大事です。 日商簿記1級は、商業簿記、会計学、商業簿記、原価計算の範囲で出題されます。 また、勉強する上で押さえておきたいポイントは、この処理をするために、こういう会計処理をするという説明が求められてきます。過去の問題を解いているだけでは、会計の処理を論理的に説明することはできないといえます。問題を解くときも、何のための処理か理解するために、回答の解説でしっかり理解することが大切になります。 独学だから、合格は難しいと初めから思わないで、独学だからこそ合格するという気持ちで日商簿記1級に臨みたいものです。