日商簿記1級取得や小論文試験突破は独学に効く通信講座で近づく

夢を叶える為にサポートしてくれる場所がここにある

小論文の添削

これまでの歴史や変遷

大学の受験科目に小論文を指定しているところがあります。むろん、一般試験ではなく、OS入試や推薦入試で書かされます。 作文と小論文の違いは、小論文の場合必ず起承転結で述べなくてはいけない点にあります。作文のように思ったことを自由に書くのと違って、結論にもってゆく論旨がきっちり述べられている必要があります。しかし、小論文を書かせる授業は高校では行いません。 「小論文」の書き方テキストを参考に、テーマを決めて文章を書く練習はひとりでもできますが、添削してくれる人がいません。 そのため対策には塾や予備校で、そのようなコースが用意されています。テーマはテキストに準じてですが、きっちり書き込んで添削してもらっておけば、本番に別のテーマがでても考えた文章を上手にアレンジできるので役立つトレーニングになります。

今後の動向についての予測

受験のための小論文の添削のニーズは、今後の受験にどの程度増えるかは定かではありませんが、大学に入ったら学部によっては論文を書く機会はあります。 小論文は論文ほど長くはないですが、書き方をマスターすることは就職活動中にも役立つかもしれません。社会人になるのに際して大事なノウハウです。 社会人になったら研究職だけでなくても、仕事上その必要のある職種も中にはあります。そのため社会人向けの講座もあるくらいです。 添削はその道のプロが行うので、機会が与えられるなら、試みるのも晩強になります。会社勤めが始まると、何かにつけ文章を書く機会も増えるので、小論文を書く力は役立ちますから、身についていて無駄にはなりません。